Menu

海外旅行に持って行った方がいい理由

海外旅行に行く際は、クレジットカードを持っていくと効果的だ。できれば違う種類で二枚持っていった方がいい。確かに初めていく海外旅行や、慣れない国へ行くのであれば、心配にもなるだろう。しかしそれ以上のメリットが、ある。

まず一番のメリットと言えば、現金を持ち歩かずに済むということだろう。世界の中でも日本ほど治安の良い国は、いたって稀だ。世界各国では街中でスリにあうことも日常茶飯事だし、ホテルの部屋に財布を置いておいてなくなったということもよくある。クレジットカードなら、なくしてもすぐに盗難届けを出して止めることができるので安心だ。今は海外から24時間対応できるコールセンターも、普通になってきている。

また、海外ではクレジットカードを持つことが、信用にもつながる。泊まるときに前金を取られるホテルもある。ゴールドカードなどではなくてもよいので、持っていった方がいい。

そして海外でショッピングや、キャッシングをする際、現金よりクレジットカード払いの方がレートが安いことも多い。海外キャッシングは現地の通貨で引出しできるのも嬉しい。支払い時は、もちろん日本円に換算して支払いができる。

逆にクレジットカードを持っていくデメリットとしては、スキミングや覚えのない金額を請求されるなど、犯罪の被害にあうことが挙げられる。しかしほとんどのカード会社では保障がきくので、それほどの心配はしなくてもよい。とはいえ現地では念を入れて、信頼できないと思った店では現金払いした方がいいかもしれない。

クレジットカードを作るとき、できればあらかじめ海外旅行付帯保険がついてるものを 作っておいた方がいい。保険がついていれば、現地で病気になった場合や、盗難にあった場合、保険が適応される。航空券を買う時に、海外保険に入るよう勧められることがあるが、保険付きのクレジットカードを持っていれば、別に入らなくても大丈夫だ。

海外旅行傷害保険が付帯したクレジットカードを選んでみよう!

クレジットカードを作る際は、海外旅行傷害保険が付いているかを、確認しておく方がよい。また、すでに持っている方であれば、手元にある付帯されているか確認してみよう。海外旅行をする際は、保険を勧められる旅行会社も多いが、自動付帯しているものを持っている場合、免除になるケースもある。

海外旅行傷害保険が自動的に付いてくるクレジットカードがある。海外旅行中に万が一のケガや病気が発生した際には、保険が適用になる。
また盗難や破損などの障害に対しても適用できるものもある。出発前の届け出や手続きも一切不要。本会員だけでなく、家族会員も補償を受けられるクレジットカードもある。この様に色々な特徴が有るので、選ぶ時は、比較サイトを参考にすると良い。

海外旅行にクレジットカードを持っていかなくても特に問題はない。ただ、現地で実際に病院の治療等が発生した場合、クレジットカード番号が不明だと不都合が起きる可能性もあるので、できるだけ携帯しておくことをおすすめする。万が一、盗難や紛失にあった際は、すぐにカード会社のコールセンターに連絡して、カードを止めてもらおう。

旅行中に病気やケガをされた場合は、ほとんどのカード会社は24時間日本語で対応できるコールセンターを設けているのですぐに連絡しよう。行かれる国によっては、対応していない国もあるので、事前にカード会社に確認する必要がある。また病院によっては、一時的に治療費を立て替えなくてはいけない場合もある。また帰国後に保険金の請求を行う際に、現地の医師の診断書や事故証明書が必要になるため、治療の際に忘れずに取得しておくことが必要だ。

保険の保証の対象となる旅行期間は、各カード会社によって異なる。おおむね出発より2か月から3か月の場合が多い。

海外旅行傷害保険が自動付帯しているカードはとてもお得だ。だからといって、すべての病気や事故が適用になるわけではない。また支払われる金額も決まっている。海外旅行に行く際は、有料の海外旅行傷害保険も確認してみよう。自分にあった海外旅行傷害保険に入って、安心して海外旅行に行くことをおすすめする。アメリカン・エキスプレスは、どのクレジットカードも付帯している。他の場合でもゴールドカード以上だと必ず付帯している。
https://www.americanexpress.com/japan/